読む・聴く~書く・話すの「生きた」「使える」ホンモノの英語力が、“目からウロコ”の科学的学習法で確実に身に付きます!

サクセス外語アカデミー

HOME

アクセス

サクセスNEWS

サクセスメソッドとは

ホンモノ英語習得法

塾生の声

各種検定情報

お役立ちリンク

アカデミーのご案内

HOME»  英語学習体系

英語学習体系

英語学習体系

すでに別の角度から述べたところですが、
言葉(言語)というものは、
そもそも「読む」「聞く」「書く」「話す」が混然一体となっているものであり、
この4つは相互に不可分の表裏一体の関係にあります

 

英語学習体系

 

■「交信型英語」 をめざして

これまでの“伝統的”な英語教育は、「読む」「聞く」「書く」「話す」を各々別個のものとしてとらえ、これら4技能をそれぞれ独立した教科(分野)として学習してきました。
その中にあって「読む(Reading)」と「聞く(Hearing)」のいわゆる受け身(受信型)の英語に大きく偏った指導が行われてきた結果、

とりわけ日本人の積極的(発信型)英語力、つまり
「話す (Speaking) 」と「書く (Writing) 」は、極めて低い

というアンバランス見せています

 

■“入力なくして出力なし”

といいつつも勘違いしてはならないことは、
「入力」なくして「出力」なし!!
ということです。あえて一言で言うならば、日本語を含むどの言語でも同じように、

<語彙>や<語法知識>そして<基本文型>

は大切であり、日ごろからの

「多読」と「多聴」は“使える英語”のための基礎・基本

なのです。
問題は、それとあわせて、科学的根拠に裏づけされた

「出力」に直接つながる「入力」の<質と方法>

を知り実践する、ということにほかなりません!!
と同時に、常に五感(の刺激)をフルに活用し、実践的教材を使って英語の“高効率的な入出力訓練”をする・・・サクセス外語アカデミーならではの、まさに
       “生きた”ホンモノ英語習得法
をぜひ体感してください!

 

ページトップへ戻る