読む・聴く~書く・話すの「生きた」「使える」ホンモノの英語力が、“目からウロコ”の科学的学習法で確実に身に付きます!

サクセス外語アカデミー

HOME

アクセス

サクセスNEWS

サクセスメソッドとは

ホンモノ英語習得法

塾生の声

各種検定情報

お役立ちリンク

アカデミーのご案内

HOME»  国際化時代の人材

国際化時代の人材

国際化社会

 

真の英語力はグローバル新時代の必須技能・財産

サクセスでのホンモノ英語の獲得をとおして、検定や資格はもちろん、
国際ビジネスシーンで即戦力となる実力を身に付けてください。


☆..:*:・゜',。・:*:・゜' ☆..:*:・゜'・:*:・゜' ☆☆..:*:・゜':*:・゜☆


新21世紀を担う人材は、国際コミュニケーション能力とアイデンティティを兼ね備えた人間でなければなりません。

真の internationalist は、真の nationalist でなくてはならず、良き日本人であるためには良き国際人でなければならない・・・

サクセスはそう考えます。

サクセスは、

メンタル・フィジカル・テクニカル>の「三位一体」指導

で、「愉しく解かる」英語、「正しく伝わる」英語、「誰もが使える」英語を目指しつつ、
 

世界に通用する人材を熊本から

をモットーに取り組んでいます!
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

★国際化―文化そして経済の視点から

英語による国際化

 日本は、「文化輸入大国」と言われ続けてきました。2017年時点においてこそ、一年間に海外旅行に出かける日本人が約1,700万人であるのに対し、海外からの訪日外国人は2,400万人となりましたが、世界一の経済大国アメリカの最大産業は観光業(第二位:訪米外国人7,700万人)であり、また、観光立国第一位フランスでは人口6,400万人に対して8,800万人、第三位スペインでは人口4,600万人に対して6,800万人もの海外観光客を迎え入れているのです。
 もちろん、単に来日外国人の数が増えれば良いというわけではありませんが、①良き日本の文化や社会を直に理解してもらう絶好の機会、②投資対経済効果の高さ、③従来の名所史跡etc.に加えて、これからは地域の振興・経済活性化が期待できる…などの観点からも、政府は2016年(平成28年)、『世界が訪れたくなる日本』をめざして 《明日の日本を支える観光ビジョン》 を策定しました。
 そうして、《観光先進立国》に向けて、「眠っている観光資源を国際交流や日本経済の再生、地域の活性化につなげる」ための前提ツールとなるのが*国際共通語・英語*であることは、申し上げるまでもありません。 

 

★世界の英語人口

国際化時代の英語

英語は世界で最も広範囲に使われている、唯一の〝国際共通語〟です。全世界での英語の話し手はおよそ21億人に及び、このうち英語を「母国語」とする人々は約4億人、「公用語」とする人々は10億人、さらに「国際語」とする人々は7億人にもなります。世界の人口が70億人として3人に1人が、程度の差こそあれ、英語を使っている勘定です。
 英語は英米などのネイティブ人とだけ話す言葉ではなく、フランス人ともイタリア人とも、中国人とも韓国人とも、アフリカの人とも中南米の人とも交流するのに 有効かつ欠かせない共通の言語であり、多国間そして異文化間の理解を深めたり 誤解をなくしたりするための、必須コミュニケーション・ツール(=道具)となっています!!

 

ページトップへ戻る

データで見る“国際”&“ボーダーレス化”

以下、世界の中の日本が中央・地方を問わずにいかに国際化の只中にあるかをグラフとデータで見てみましょう。

 

入出国者数の推移

 

2016年(平成28年)の来日入国者を国籍別に見ると次のとおりです。

平成2年以降,韓国、台湾、米国の順となっておりましたが、近年増加が著しい中国が1位となり、続いて韓国、台湾、香港、米国となっています。

 

国籍 中国 韓国 台湾 米国 タイ オーストラリア 英国
入国者数 509万人 637万人 417万人 124万人 90万人 44万人 29万人

 

在日外国人数の推移

 

日本に滞在する外国人の数は上のグラフのとおりに“右肩上がり”でありましたが、震災・原発事故の後は、減少に転じています。

なお、熊本県の外国人登録国別内訳は、

 

国籍 総数 中国 フィリピン 韓国 米国 英国 カナダ インドネシア その他 熊本市
'04年 8,361 34,921 1,960 1,177 291 140 102 223 547 3,854
'05年 8,756 4,071 1,692 1,165 345 125 92 300 966 4,042
'06年 8,926 4,598 1,344 1,176 370 127 90 249 972 4,024
'07年 9,107 4,775 1,374 1,160 342 109 93 240 1,014 4,062
'08年 9,267 4,936 1,420 1,154 352 98 72 219 1,016 4,177
'09年 8,944 4,871 1,460 1,152 417 102 60 206 676 4,276

 

などとなっています。

 

雇用事業所の推移

 

さらに「在日外国人労働者」に関するデータをグラフ化すると上図のとおりであり、これまた一目瞭然、明確な“ボーダーレス化”の波を表しています。

 

★海外在留邦人数

海外在留邦人数

 

ちなみに、
海外に居住する日本人の総数は

約114万人

であり、
その内訳は左表のとおりです。

 

★姉妹提携件数及び自治体数

姉妹提携件数及び自治体数

 

さらに、近年一層活発化する

《姉妹都市》

提携も見逃せない国際交流の大きな柱であり、当地熊本県内の実績を眺めると、左下にまとめたように相当締結件数に上っていますし、これに各大学による海外姉妹提携校を加えれば、ここ熊本にもまさしく国際化の息吹が感じられます!

 

ページトップへ戻る