実用英語技能検定

  • HOME
  • 実用英語技能検定
実用英語技能検定(STEP)
サクセスでサクセスストーリー

日本が、そして世界があなたの英語コミュニケーション力を求めています!
今こそ、グローバル新時代に必須の資格・検定にチャンレンジ!
「STEP英検クラス」詳細はコチラ

実用英語技能検定(STEP)
実用英語技能検定(STEP)
実用英語技能検定(STEP)

サクセスでは、「STEP英検1級・準1級・2級クラス」を開講!
どこよりも早く、確実な合格力を付けます!
「STEP英検クラス」詳細はコチラ

STEP英検(実用英語技能検定)

目的・概要

日常の社会生活に必要な実用英語の能力検定

1963年に創設されて以来、延べ7400万人が受験し、現在は年間約250万人が受験している国内最大規模の英語検定試験です。試験問題は、世界各国のアイテムライター(原案作成者)の資料をもとに厳選し、すべてオリジナルで作成されていることから、その質の高さは入試や海外留学、企業など社会で広く認められています。実社会で役立つ、「世界レベルの英語力」を測る資格試験です。

1.試験レベル

1級:大学上級程度 広く社会生活に必要な英語を十分に理解し、自分の意思を表現できる。
準1級:大学中級程度 日常生活や社会生活に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる。
2級:高校卒業程度 日常生活や職場に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる。
準2級:高校中級程度 日常生活に必要な平易な英語を理解し、特に口頭で表現できる。
3級:中学卒業程度 基本的な英語を理解し、特に口頭で表現できる。
4級:中学中級程度 基礎的な英語を理解し、平易な英語を聞くこと、話すことができる。
5級:中学初級程度 初歩的な英語を理解し、簡単な英語を聞くこと、話すことができる。

2.試験内容

1級 一次試験(マークシート方式・記述形式)】
筆記試験(100分)客観形式(語い・熟語・読解など)と記述形式(自由英作文)の問題。

二次試験
個人面接(約10分間)与えられたトピックスについてのスピーチと質問応答。面接委員は日本人と外国人核1名。日常生活の後、5つのトピックスから1つを選び、1分間の考慮時間の後、2分間のスピーチを行い、面接委員の質問に答える。
準1級 一次試験(マークシート方式・記述形式)】
筆記試験(90分)客観形式(語い・熟語・読解など)と記述形式(英作文)の問題。

二次試験
個人面接(約8分間)与えられた絵についてのナレーションと英語による質問応答。日常会話の後、4コマの絵と指示文が与えられ、1分間の考慮時間の後、2分以内で絵の説明を英語で行う。その後、面接委員からの4つの質問に英語で答える。
2級 一次試験(マークシート方式)】
筆記試験(75分)すべて客観形式(語い・文法・読解など)
リスニングテスト(約25分)問題は客観形式で、対話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ。

二次試験
個人面接(約7分間)英文とイラストからなる面接カードの音読と英語による質問応答。簡単な挨拶の後、60語程度の文章とイラストの書かれた「問題カード」を20秒間黙読し、音読する。その後、面接委員からの4つの質問に英語で答える。
準2級 一次試験(マークシート方式)】
筆記試験(65分)すべて客観形式(語い・文法・読解など)
リスニングテスト(約25分)問題は客観形式で、対話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ。

二次試験
個人面接(約6分間)英文とイラストからなる面接カードの音読と英語による質問応答。簡単な挨拶の後、50語程度の文章とイラストの書かれた「問題カード」を20秒間黙読し、音読する。その後、面接委員からの5つの質問に英語で答える。
3級 一次試験(マークシート方式)】
筆記試験(40分)すべて客観形式(語い・文法・読解など)
リスニングテスト(約25分)問題は客観形式で、対話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ。

二次試験
個人面接(約5分間)英文とイラストからなる面接カードの音読と英語による質問応答。簡単な挨拶の後、30語程度の文章とイラストの書かれた「問題カード」を20秒間黙読し、音読する。その後、面接委員からの5つの質問に英語で答える。
4級 一次試験(マークシート方式)】
筆記試験(35分)すべて客観形式(語い・文法・読解など)
リスニングテスト(約25分)問題は客観形式で、対話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ。

二次試験
なし。
5級 一次試験(マークシート方式)】
筆記試験(25分)すべて客観形式(語い・文法・読解など)
リスニングテスト(約18分)問題は客観形式で、対話や英文を聞いて質問の答えを選ぶ。

二次試験
なし。

3.試験会場

本会場

海外2都市・全国都道府県庁所在地を含む約230都市・400会場で実施。
ただし、1級の二次試験のみ、札幌・仙台・東京・横浜・新潟・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・那覇の11都市で実施。

準会場

学校・企業・私塾などの団体申し込みで、その団体は会場として一次試験を実施。
準会場を希望する場合は一定の資格と条件が必要(二次試験は行わない)

中学・高校特別準会場

中学校・高等学校の団体申し込みで、その学校を会場として、金曜日または土曜日に一次試験を実施。
これも希望者は一定の資格と条件が必要。

4.合格ライン

合否は一次・二次ともにそれぞれの検定能力・評価項目を総合して判定する。 合格ラインの目安を過去の結果から見ると

一次試験は1級・準1級が満点の70%前後、2級~5級は60%前後。
二次試験はいずれも満点の60%前後。


となっています。

5.実施団体・お問い合わせ

財団法人 日本英語検定協会
〒162-8055 東京都新宿区横寺町55
TEL:03-3266-8311(英検サービスセンター)
URL: https://www.eiken.or.jp/