読む・聴く~書く・話すの「生きた」「使える」ホンモノの英語力が、“目からウロコ”の科学的学習法で確実に身に付きます!

サクセス外語アカデミー

HOME

アクセス

サクセスNEWS

サクセスメソッドとは

ホンモノ英語習得法

塾生の声

各種検定情報

お役立ちリンク

アカデミーのご案内

HOME»  言語の習得

言語の習得

ことば(言語)を身に付ける

『ことば(言語)を身に付ける』

ということは、簡単に言えば、「文法」という
“約束ごと”
にしたがって、「語彙」という
“中 味”
が組み立てられた言葉[言語]の “しくみ”(構文) を
理解(=「読む」「聴く」)し、さらには、その“しくみ”を利用して
組み立てる(=「書く」「話す」ことにほかなりません

 

言語の習得

 

英語の“約束事”とは?

英語の“約束事”や“中味”が日本語と同じであれば世話はないのは当たり前なのですが、問題は、それどころか、

英語と日本語は言葉の「なりたち」
から 「しくみ」 まで、まるで別物

だから困るのです。
言語学的には「語順」、そして「文」や「論理の展開」は正反対と言ってよく、文化的に見れば、「発想法」が逆であったり或いは大きく異なります。
であればこそ、英語(言語)の習得は、まずもって、“約束事” と表裏一体の関係にある

英語の特徴と法則

をきちんと理解することからから始まる、といっても良いのです。

(⇒ 次ページの「英語のしくみと特徴」 をご参照下さい)

 

英語の基本構文》 は 三つ!

ところで、サクセスでは、いわゆる<基本構文>を大きく次の三つに分類して捉えています。
 

(1) A=B (AはB「である」:同一・同格・性質・属性・内容)
      つまり <状態>を示す文
(2) A⊆B (AがB「にいる/ある/を感じる」:状況・存在・感覚)
      つまり <静態>を示す文
(3) A⇒B (AがB「になる/をする」:変化・動作・行為)
      つまり <動態>を示す文

 

<状態><静態><動態>から英語の「基本文型」へ!

サクセスは、一般に知られるところの「基本文型」はすべてこれに続く(従属分類される)ものであって、英文の解説や習得もこれら 3つから派生するものとして考えます。
と同時に、特に基礎学習や日常会話の分野では、これらのいずれかの英語感覚をイメージして 「基本文型」 を学習するようにし、また、学問的な文法用語 は 必要以上に用いない こととしています。

 

ページトップへ戻る